2016年7月18日(祝)、7月21日(木)、8月8日(月) の3日間、
味の素冷凍食品の中部工場では「夏休み親子工場 見学会」を
実施しました。
今回は見学会の様子をダイジェスト版でお知らせいたします!

工場に到着!

夏真っ盛りの大垣駅。
40度近い猛暑の中、皆様にご集合いただきました。
バスに乗って30分ほどで味の素冷凍食品の中部工場に到着です。

工場に到着後、見学会スタート!

2つのグループに分かれて、工場の概要説明を聞いたり、
見学者通路で「エビ寄せフライ」の製造工程を見学しました。

工場長の挨拶
みなさん真剣にメモを取っていました

概要説明では工場の生産量を動物の重さに例えながら、クイズ形式で楽しくご紹介♪
自由研究の題材にする予定のお子様が多く、しおりに一生懸命メモを取っていました。

ちょっと難しい話のあとは「異物さがしゲーム」にチャレンジ!

お米の入った箱の中からビーズや糸を探すゲームです。
原料の異物選別業務を体験してもらうことで異物除去の大切さをご紹介しました。

家族で協力して異物さがし!
どっちが早く見つけられるかな?

最後はみんなで答え合わせ
「異物はいくつ見つけられましたか?」
「9こ!」
皆さん声を揃えて大正解!

製造ラインの見学は商品のご紹介からスタート

「この商品初めて見たよ!」
「CMで見た!」とワイワイ楽しい会話が広がります。

自然解凍品のご紹介もさせていただきました

「エビ寄せフライ」の製造ラインでは大きな冷凍庫や次々成形される「エビ寄せフライ」に歓声が上がります。

出来立ての「エビ寄せフライ」に思わず「食べたい!」
原料の受け入れの様子はライブカメラで
 

見学が終わるとお待ちかねの試食タイム!

今回は特別企画として「自分だけのお弁当づくり」をしていただきました。
「ギョーザ」を入れたり「ザ・チャーハン」を入れたり、業務用デザートのケーキを入れてみたり・・・
みなさん思い思いのお弁当ができて楽しく召し上がっていただきました!

たくさんの試食品に皆さん喜んでいただきました

最後は記念撮影!

担当者コメント(座間)

皆様こんにちは!
夏休み真っ只中の8月は、多くのご家族にご来場いただきました。
終日で40組(80名)のご家族に参加していただきましたが、異物の選別体験や、
お弁当作り体験は大変盛り上がりました!
お子さんの「ザ・チャーハン」をおいしい!と、ほおばってるお顔が印象に残って
います♪来年も、多くのご家族の方のご来場、お待ちしております!!

担当者コメント(木刕)

たくさんのお子様が来場され、とてもにぎやかな見学会でした。
ライン見学では、窓ガラスに貼りついて『うわぁ~!すごい!』と歓声を上げ
喜んでくださいました!
着いた際に全社員の方が立ってお出迎えくださったのが印象的でした。教育がしっかりなされているなあと感心しました。すばらしいです!(子どもの就職先にいいかもと思いました)
(40代 女性)
とても楽しく勉強になりました。子供のお弁当を作ることも無くなり、冷凍食品をスーパーで見つけることが少なくなりましたが、この機会にもう一度コーナーを見て新しい発見をしたいと思います。「ギョーザ」の進化にも驚いています。
(50代 女性)
説明が分かりやすくて、とてもたのしかったです。初めて知ったことがたくさんありました。味の素冷凍食品に来れてよかったと思いました。
(中学2年生 女性)
試食してよかったです。子どもが喜んで食べました。買い物に行って御社商品を探すのが楽しみです。
(40代 男性)
工程を初めて見ました。ちょっと感動ものでした。 細心の注意を払って作っていることがわかり、消費者として安心しました。 また来たいですね。
(40代 男性)
とくに自然解凍におどろきました。とてもべんりだなと思いました。
(小学校6年生 男性)
普段ご飯をあまり食べない息子が「おいしい!」とおかわりをしていて驚きました。またお弁当以外ではあまり冷凍食品を使うことが無かったので、食べたこと無いものも多かったのですが、とても美味しく、また自然解凍のものも最近食べてなかったので試食できてよかった
(20代 女性)
初めて工場見学をしましたが、社員教育が行き届き気持ちよかったです。 冷凍食品のイメージは「保存料が入っている、中国産、ギョウザ事件」など悪かったのですが、全く異なっていました。
(40代 女性)

工場トップへ