チャーハン × note チャーハン大賞

入選作品

★ この技術はやばいで賞 ★
「『ザ★チャーハン』の作り方」

Jumpei Kawamura

Jumpei Kawamura

味の素 冷凍食品 「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る、ザ★チャーハン 600g」

【材料】(2人前)・味の素「ザ★チャーハン」 1袋 ・八つ切りケント紙 2枚 ・コピックマーカー 適宜 ・コピックマルチライナー 黒・グレー・茶色 各0.03?0.3mm ・ゲルインクボールペン 白・ブラウンブラック・赤・緑・黄緑 ・スパークリングゴールド(ラメ入りのもの) ・色鉛筆 白(硬め・柔らかめ)・ライトイエロー 他お好みで ・シャープペンシル ・消しゴム ・両面テープ ・デザインナイフ ・カッターマット

まずはパッケージを見ながら、シャーペンで下描きしていきます。

コピックマルチライナーで清書。モチーフの色味に合わせて、黒・グレー・茶色を使い分けましょう。

それでは色を塗っていきます。まずは卵を塗ります。

次に、ねぎを塗ります。

続いて、焼き豚を塗りましょう。

ほんでもって、ご飯を塗ります。ブラウンブラックで焦がしにんにくのマー油を散らしていきます。

陰影をつけて袋感を出していきましょう。

味の素のブランドロゴマーク “FRESH FROZEN AJINOMOTO”と左下の文字部分を塗っていきます。

「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る、ザ★チャーハン 600g」と下段の金部分を塗っていきます。 (最終的に黒く塗るので大胆にはみ出して塗っても大丈夫です。)

パッケージの輪郭に合わせて切り出していきます。切り取った瞬間に存在感が出てきますね。(先に黒を塗ると輪郭線が分からなくなるので、黒いものを描く時は先に切ると良いでしょう)

大体4段階くらいのトーンの黒を塗って、白(色鉛筆の硬め・柔らかめのと、ゲルインクボールペンを駆使して)でハイライトを入れたら完成です。

お好みで金部分に、ラメ入りのスパークリングゴールドを塗って高級感を演出しましょう。

続きまして、調理後のチャーハンです。こちらが全パーツになります。

具材のゴロッと感を表現すべく、ご飯に切り目を入れて具を埋め込んでいきます。

チャーハンと皿とレンゲ。

盛り付けて完成。

右上部分は独立した別パーツになってます。

こんな感じでレンゲですくうことが出来ます。

こんな感じ。

パッケージと合わせて、「ザ★チャーハン」一丁上がり!

ささ、召し上がれ。

ちなみに、レンゲも側面と内側と2枚のパーツでポケット状になっています。

【応用編】数量限定の金パッケージと、調理前の「ザ★チャーハン」。

並べるとこんな感じ。

ちょ、旧バージョンのパッケージを仕上げた直後に、パッケージがリニューアルされちゃったではないか! ということで、新パッケージ ver.も。(旧587kcal→新549kcalと、38kcalダウンに成功しているぞ)

【応用編】ついでに「ザ★シュウマイ」もいっとくか!ということでキンキンに冷えたビールとともに。 #シュウマイ大賞

そんなわけで、ザ★チャーハンの作り方でした。フレフレ!フレッシュ!

事務所からのコメント

ただただ上手で驚きました。平面なのに、立体に見える。平面だと気づくのに何度も読み返してしまいました。

大賞作品一覧に戻る