おべんとブログ
2019/07/01

マネしたくなる!お弁当テクニック~卵のおかずレパートリー♪編~

こんにちは!
お弁当の定番といえば卵を使ったおかずですね。
玉子焼き、目玉焼き、スクランブルエッグにオムライス・・・。
たまにはいつもと違う卵のおかずもほしいなと思ったら、ぜひ今回のブログのレシピを試してみてください♪

①まずは定番の玉子焼き。上手に焼くコツは?
②定番玉子焼きの応用編!ハートの玉子焼き
③見た目もカラフル!ホイルエッグ
④網目模様がキレイ!簡単オムライス


①定番の玉子焼き。上手に焼くコツは?

変わり種にチャレンジする前に、まずは基本の玉子焼きから抑えていきましょう。
基本と呼ばれすぎてて今更コツなんて聞けない、なんてことありませんか?
ここでポイントを確認してマスターしちゃいましょう♪

<材 料>卵:2個、砂糖:大さじ1/2、 塩:適量、 水:大さじ2

<作り方>

  1. 卵を溶きほぐして調味料と混ぜます。
  2. 卵焼き用フライパンにサラダ油を入れ、キッチンペーパーでなじませます。
  3. 卵液の1/3量を流し入れたら、全体をかき混ぜ、奥に寄せます。サラダ油がなじんだキッチンペーパーで再びフライパンを拭きます。
  4. 再び卵液の1/3量を流し入れ、最初の卵の下に菜箸を入れ、流した卵液を奥側にも流します。手前に巻いて、巻き終わったら、奥に卵を移動します。
  5. 残りの卵液を加え、同様に巻きます。バットの上に取り、粗熱が取れたら、ラップで包み、冷やしたバットの上にのせて冷まします。

毎日でも食べたくなる玉子焼き。中身に海苔やチーズ、ハム、シソを挟んで焼くと、模様も変化が出てキレイですね♪

レシピはこちら⇒簡単から揚げ弁当


②定番玉子焼きの応用編!ハートの玉子焼き

玉子焼きが上手に焼けたら、かわいいハート型に切ってみましょう♪

<材 料>卵:2個、砂糖:大さじ1、塩:少々、サラダ油:適量

<作り方>

  1. ボールに卵を入れて割りほぐし、砂糖、塩を加えて混ぜます。
  2. フライパンにサラダ油を薄くひき、3の卵液を薄く流して巻く。これを何回か繰り返して焼きます。
  3. 2が焼きあがったら冷まし、1.5cm幅に切る。さらに斜めに切り、ハートにしてピックを刺します。

レシピはこちら⇒ハンバーグ&トマトエビピラフ弁当


③見た目もカラフル!ホイルエッグ

フライパンは使わずにトースターでできる、見た目も華やかなホイルエッグ。野菜もとれるのでお子さまのお弁当にも大活躍♪

<材 料>卵:1個、「ミックスベジタブル」:10g、トマトケチャップ、塩こしょう:適量

<作り方>

  1. 「ミックスベジタブル」は耐熱の器に入れ、電子レンジ(600W)で30秒ほど加熱します。
  2. 厚手のアルミカップをトースターの天板にのせ、卵の黄身を先に入れ、「ミックスベジタブル」を黄身のまわりにのせます。
  3. つぎに白身をカップに入るだけ入れ、その上にトマトケチャップをしぼり、塩、こしょうをふりかけます。
  4. トースターで5~8分ほど加熱して火を通し、冷まします。
    ※アルミカップは、マフィン用など厚手のカップを使いましょう。

茶色のおかずがメインのときは卵のおかずで色を出すと彩りがよくなりますね♪

レシピはこちら⇒エビたっぷりホイルエッグ弁当


④網目模様がキレイ!簡単オムライス

オムライスのお弁当を作られる方も多いですよね。
年齢問わず人気のオムライスですが、卵の形を変えるだけでいつもと違った気分も味わえますよ♪

<材 料>「具だくさんエビピラフ」:1/2袋、卵:1個、トマトケチャップ、塩こしょう、サラダ油:適量

<作り方>

  1. 「具だくさんエビピラフ」は表示通りに加熱し、熱いうちにトマトケチャップを加えケチャップライスを作り、ラップを敷いたバットに広げ、冷まします。
  2. 1をお弁当箱に詰めます。(飾り用にえびを3つ取っておきましょう)
  3. フライパンにサラダ油を敷いて熱し、塩、こしょうを加え混ぜた溶き卵をスプーンなどで線を描くようにたらし、加熱します。
  4. ケチャップライスの上にのせ、エビを飾ります。

包むオムライスが苦手な方も、載せるだけのこのオムライスなら簡単にできますね。

レシピはこちら⇒エビオムライス弁当


いかがでしたか?
できれば毎日入れたい卵のおかずもアレンジ次第でいろいろなメニューが楽しめます♪
ぜひご活用くださいね!

60人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
36件のコメントがあります。
他のコメントを見る