読み込み中...

くじのみ文庫 ひとりでお酒をのむ時にちょっと読みたい小さなおはなし。

01
ワインをジョッキで呑む

植野 広生
ある居酒屋があった。カウンターと小上がりだけの小さな空間。いつも常連客でほどほどに賑わう、よくある場末の店。店を賄うのはちょっと無愛想だけれど、手際よく動く...
読

02
ひとりでなければ

角田 光代
毎日かかさず酒を飲んでいるので、ひとりで飲むのにも大勢で飲むのにも、とくべつな感じがしない。まして家でのひとり飲みとなると、入浴だとか睡眠だとかと同じく...
読
page top