おべんとブログ
2017/04/26

教えて!開発のヒミツ~「それいけ!アンパンマンポテト」編~

みなさん、こんにちは!事務局ちゃんです♪

今回はお子様に大人気の「それいけ!アンパンマンポテト」の開発のヒミツに迫ります!!

 

●子どものころからずっと・・・

事務局ちゃん:それでは担当の「ポテトちゃん」にお話を伺いたいと思います。ポテトちゃんお願いします。

ポテトちゃん:は~い!

事務局ちゃん:ポテトちゃん、「それいけ!アンパンマンポテト」はいつから販売している商品ですか?

ポテトちゃん:1990821日に発売されました。今年で27周年になります。

事務局ちゃん:意外と長い!!

ポテトちゃん:ちなみに私と同じ年です。

事務局ちゃん:なるほど!ポテトちゃん自身もこの商品を食べて大きくなった、というわけですね。

ポテトちゃん:はい、子どものときはよく食べていましたし、お弁当にも入っていましたよ。

事務局ちゃん:昔から自分にとっても馴染みのある商品の開発を担当されているんですね。

ポテトちゃん:先日友人の家に遊びに行ったときに、友人が自分の子どもに「それいけ!アンパンマンポテト」を食べさせていたんです。「自分たちも小さいときに食べたよね~」って話で盛り上がりました。

事務局ちゃん:代々受け継がれているんですね。


1990年発売当初のパッケージ ©やなせ・F・T・N

 

●ときには根気強く

事務局ちゃん:この商品はどのようにして誕生したのでしょうか?

ポテトちゃん:当時から「アンパンマン」は子どもたちに絶大な人気がありました。
その「アンパンマン」を使って「子どもが喜ぶ商品を作りたい」というのが最初の想いだったと聞いています。またお母さん方は、自分たちの子どもに味がシンプルで素材の味が楽しめる「おいしいポテト」を食べさせたいという願いがあったようです。

事務局ちゃん:その二つを兼ね備えた商品がこの「それいけ!アンパンマンポテト」なんですね。27年の歴史の中でリニューアルもあったと思いますが・・・

ポテトちゃん:リニューアルは何度かありましたが、「アレルギー特定原材料27品目不使用」になったことが一番大きなリニューアルですね。近年、食物アレルギーをお持ちのお子さんも増えてきていますので、保護者の方も大変気にされています。そういった不安の種を払拭できる商品にできないか、という考えからこのようなリニューアルを行ったと聞いています。

事務局ちゃん:27品目を不使用にする、というのはなかなか大変な開発だったのでは?

ポテトちゃん:そうですね、この商品はじゃがいもの素材の味を活かした味もシンプルな商品なので、その味を変えることなくレシピを調整することが大変だったみたいです。

事務局ちゃん:技術と努力の結晶が今の商品になっているんですね。

ポテトちゃん:大変だったことと言えば、製造現場でも苦労があったという話を聞いています。

事務局ちゃん:といいますと?

ポテトちゃん:原料であるじゃがいもは、収穫の時期によって水分量が微妙に違います。この水分が「それいけ!アンパンマンポテト」の成形に影響します。
当時製造担当をされてた方の話ですと、その微妙な成分の調整のために何日も製造ラインに張り付いていたそうで、「次々と流れてくるアンパンマンの笑顔が忘れられません」と言っていました。

事務局ちゃん:一定の品質を保つって想像以上に難しいことなんですね。

ポテトちゃん:はい。材料を練る時間を変えたり、水分の配合を調整したり、気の遠くなるような作業だったようです。

事務局ちゃん:「それいけ!アンパンマンポテト」を見る目が変わりそうです。


2017年4月現在のパッケージ ©やなせ・F・T・N

 

●お母さんも子どもも喜ぶ商品とは

事務局ちゃん:先ほどのアレルギーもそうですが、パッケージで目に入るのは3種の緑黄色野菜」と「カルシウム」ですね。

ポテトちゃん:お母さん方は「なんとか子供に野菜を食べさせたい!栄養を摂らせたい」と色々ご苦労されてますが、実際のお子さんは、緑黄色野菜よりさつまいもやじゃがいもなど、食べやすいものが好きという場合が多いようです。
そのじゃがいもの中に緑葉色野菜を入れてあげれば、お母さんも安心して食べさせられます。

事務局ちゃん:かじったらほうれん草の味がしますか?

ポテトちゃん:そういったことがないよう、やさしい甘さが感じられるような設計にしています。

事務局ちゃん:あえて野菜の味がわからないように作っているんですね。
これなら栄養はちゃんと摂れますね!

 

●楽しみ方はいろいろ

事務局ちゃん:子どもにとっては人気の商品ですが、大人も楽しめるおいしい食べ方ってありますか?

ポテトちゃん:アレンジとしては、のりしおやコンソメの粉末と「それいけ!アンパンマンポテト」を一緒にビニール袋に入れて振り、味を付けるという食べ方ですね。商品がシンプルな味付けなので、調味料との相性も良く色々な味が楽しめます。自分のお気に入りの味を探す、というのもおもしろいですね。個人的には「ココア」がおすすめです。

事務局ちゃん:あまり想像つかないですが、今度試しにやってみます。そういえばレシピページでも紹介しているアレンジレシピで、あんこやみたらし餡をつけた「ぽてともち風」なんていうのもおいしかったです。

ポテトちゃん:それもいいですね!
あ、食べるときはトースターを使っていただくことをおすすめします!工場で揚げていますので、トースターで調理した方がサクッとした食感が味わえますね。

事務局ちゃん:いろいろなアレンジで楽しんでいただきたいですね♪

 

●お母さんと子どもに寄り添っていきたい

事務局ちゃん:今後この商品をどうしていきたいと思いますか?

ポテトちゃん:自分にとっても思い出深い商品ですし、今の子どもたちにも、大人になった時に自分たちの子どものころを思い出すような、そんな商品にしていきたいですね。

事務局ちゃん:自分から子ども、子どもから孫と続いていく・・・なんか素敵ですね。

ポテトちゃん:そうですね、初めのコンセプトと変わりませんが、お母さんが安心して子どもに食べさせられる、子どもにとっては楽しい!と思ってもらえる商品にしていきたいですね。
どんな「楽しい」を作っていくかはこれからの「お楽しみ♪」ということで。

事務局ちゃん:なんだかワクワクしますね♪

ポテトちゃん:はい、これからもずっとお母さんと子どもに寄り添い続ける商品であり続けたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?
かわいい「それいけ!アンパンマンポテト」ができるまでにも長い長い道のりがありましたね。
ぜひ色々なご感想を聞かせてくださいね♪

 

「それいけ!アンパンマンポテト」を使ったアレンジレシピを見に行こう!

 

 

93人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
49件のコメントがあります。
他のコメントを見る