おべんとブログ
2021/01/15

「#耳たぶ食感水餃子 投稿キャンペーン」の<もちもちの水餃子で賞>選考会の裏話

昨年10月から開催していた「#耳たぶ食感水餃子 投稿キャンペーン」が1月3日に終了。
応募総数は300枚超え!たくさんのご応募ありがとうございました!!!

終了から早2日…。1月5日に、「クラブAJIREI」事務局でZoomに集まり、<もちもちの水餃子で賞>の選考会を行いました。

事務局4人それぞれが、ご応募いただいたすべての写真に目を通し、気になったものを事前にPick Up。
「こんな食べ方、おもしろい!」「おしゃれ!」など…食卓に「水餃子」がメイン料理として出てきたら、とても華やかに映るたくさんの写真に目を惹かれました。
そして、持ち寄った候補写真の中から、最終候補は2つに。

しかし…ここから議論が白熱

最終候補に選んだ写真は、「ドーンと大皿に盛られた水餃子」と「オリジナリティ溢れる盛り付けの水餃子」という真逆の写真

最後の決め手は、『「水餃子」が普段の何気ない食卓に、季節問わず気張らずに出せるメニューであってほしい』という想いから、
【「茹でて食べる」というシンプルな食べ方で、大皿に盛って家族みんなで餃子を囲んで分け合って食べる。】
そんな食シーンがイメージできる写真を選ばせていただきました

<もちもちの水餃子で賞>の受賞は
「0707b1a4」さんです。
おめでとうございます!

↑↑↑
クリックすると、
ご応募いただいた写真がご覧いただけます

 

ご応募いただいたどの写真も 「水餃子」の皮、中具、あふれる肉汁を余すところなく存分に味わっていただいたのが伝わってきて、「水餃子」の可能性を感じるものばかり
1つに選ばないといけないのはとても至難の業でした

あらためまして、ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました

152人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
51件のコメントがあります。
他のコメントを見る